■講演会開催■
       テーマ:『女性研究者から見た近年の南極観測・北極観測』
       日 時:平成16年10月3日(日) 14:00〜15:30
       会 場:フローティングパビリオン「羊蹄丸」アドミラルホール
            東京都品川区東八潮3番1号
            船の科学館  TEL:03(5500)1111
       講 師:鮎川 恵理
       主 催:船の科学館
       共 催:NPO河川環境基金
       参加費:無料
       定 員:100名

                      講師のご紹介

        鮎川 恵理(あゆかわ えり)氏

        略 歴:総合研究大学院大学 大学院卒
              第42次日本南極地域観測隊参加
              国立極地研究所共同研究員
               八戸工業大学 生物環境化学工学科助手
               [博士(理学)]

        著書・論文等:
           コケ類研究の手引き(日本蘚苔類学会、2003)/
           Reproductive phenology of subalpinemoss,Polytrichum ohioense
           Ren et Card.(Polar Bioscience 15: 88-96,2002)/
           南極ラングホブデ雪鳥沢における蘚類の繁殖体バンク(南極資料45
           (3):320-328,2001)/
           南極雪鳥沢の土壌環境と植生分布(蘚苔類研究7(4):109-115,1998)
           ほか